東京周辺の御朱印!東京周辺の主要御朱印エリア

東京豊川稲荷東京別院の御朱印攻略!豊川稲荷東京別院まとめ

豊川稲荷 東京別院 御朱印

 

今回は東京豊川稲荷東京別院の御朱印攻略!豊川稲荷東京別院まとめのご紹介です。

 

「豊川稲荷東京別院の御朱印情報を知りたい!」「行ける時間やアクセスを教えて」そんなあなたの為に、豊川稲荷東京別院の御朱印情報情報をまとめました♪

 

豊川稲荷東京別院の御朱印・御朱印帳

 

ではまずはじめに、この場所ではどのような御朱印・御朱印帳を拝受できるか?などについてご紹介します。

 

■御朱印・御朱印帳

  • 料金=300円
  • 御朱印帳=1,000円程度
  • 文字=豊川荼吉尼天

■御朱印

豊川稲荷 東京別院 御朱印1

出典:ムーミンパパのやりたい放題・・好きなこと発表会

■御朱印帳情報HP

豊川稲荷 東京別院 ブログ

出典:豊川稲荷東京別院「非」公式ブログ

ここは100冊〜300冊程度の限定御朱印帳が定期的に発表されている、御朱印帳拝受人気エリアです。

 

正月、春、夏などに出ている上、上記御朱印帳情報HPにて月に1回〜3回程度豊川稲荷東京別院の情報が配信されています。

 

その中に限定御朱印帳の情報も随時発表されているので、「これ欲しいな!」と感じるものが発表された時にしっかりゲットできるように、例年の発表時期頃に定期的にチェックするのがベターです♪
(必ずしもその時期とは限りませんが・・。)

もらい方

 

では次に、この場所での御朱印のもらい方に関してのご紹介です。

 

敷地自体はそれほど大きいものではないので、シンプルに本殿横の「御祈祷受付」という場所で、御朱印を賜われると認識して訪れればOKです。

■マップ

豊川稲荷 東京別院 御朱印 マップ

出典:豊川稲荷東京別院

ただし、御朱印をいただくにあたっては相応のマナーというものがあります。

 

そもそも御朱印というのは「神様&仏様に参拝した証として拝受するもの」である認識が必要です。

 

マナー情報に関しては、以下の記事にて詳しくまとめているので、合わせて参考にご覧ください。

御朱印バイブル-御朱印集めのサポートブログ

時間&拝観料

 

なお補足として、御朱印を受け取り忘れることのないように、時間&拝観料などについてもご紹介します。

 

■料金

  • 料金=無料

■参拝時間

  • 参拝時間=8:30〜16:00

■所要時間

  • 所要時間=30分程度

 

それほど敷地が大きくないので、寄る時はサクッと行けますね♪ただし参拝が終わる時間が少し早いので、そこは注意が必要です!

行き方(電車&バス)

 

また合わせて、各主要都市からの行き方や所要時間についてご紹介します。

 

■住所

「東京都港区元赤坂1-4-7」

■アクセス(電車&バス)

  • 品川駅〜=片道約30分+330円
  • 横浜駅〜=片道約40分+440円
  • 大宮駅〜=片道約50分+720円
  • 千葉駅〜=片道約1時間10分+890円

 

ここは赤坂見附駅周辺という東京の中でも相当な一等地なので、近隣に駐車場もありますが基本的には公共交通機関での参拝がオススメです。

まとめ

 

以上が東京豊川稲荷東京別院の御朱印攻略!豊川稲荷東京別院まとめのご紹介でした。

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

諏訪大社の御朱印攻略!諏訪大社の時間・場所まとめ

諏訪大社 御朱印

 

今回は諏訪大社の御朱印や拝受時間、場所や順番を中心にご紹介します。

 

「諏訪大社の御朱印情報を知りたい!」「行ける時間やアクセスを教えて」そんなあなたの為に、諏訪大社の御朱印情報情報をまとめました♪

 

諏訪大社の御朱印・御朱印帳

 

ではまずはじめに、この場所ではどのような御朱印・御朱印帳をもらえるのか?についてご紹介します。

 

■御朱印・御朱印帳

  • 料金=初穂料500円
  • 御朱印帳=1,000円

御朱印文字

  • 文字1=諏訪大社上社本宮
  • 文字2=諏訪大社上社前宮
  • 文字3=諏訪大社下社春宮
  • 文字4=諏訪大社下社秋宮

■御朱印

諏訪大社 御朱印1

出典:トリップアドバイザー

■御朱印帳

諏訪大社 御朱印2

出典:諏訪大社

御朱印自体は諏訪大社が四箇所あるためそれぞれ拝受することができます。また御朱印帳自体も極めてシンプルでありながら、神の社特有の美しさを感じさせるものになっていますね♪

諏訪大社の御朱印/もらい方(場所&順番)

 

では次に、この場所での御朱印のもらい方や各々の場所&おすすめの順番についてもご紹介していきます。

 

ここは全部で4社あるので、(しかも北にあるのが下社で、南にあるのが上社)個人的には車での移動がベターだと思っています。

 

また、有名なおみやげ屋さんなども南の上社側にあるので、急いで「おみやげ屋も行きたい時間なら上社が先」、「半日or1日かけて最後におみやげ屋に寄って帰りたいなら下社が先」という順番がおすすめです。

■諏訪大社/4社マップ■

諏訪大社 御朱印 マップ

出典:諏訪大社

■上社マップ■

■上社/前宮マップ

諏訪大社 御朱印 マップ1

■本宮マップ

諏訪大社 御朱印 マップ2

出典:Beauty Salon MAY

■下社マップ■

■春宮マップ

諏訪大社 御朱印 マップ3

■秋宮マップ

諏訪大社 御朱印 マップ4

出典:下諏訪観光協会

さらに全てを周り御朱印を拝受すると、「四社参り」として特製のしおりを最後の社で申告することでいただくことができます。

 

 

あとはマナーの問題ですが、御朱印は単純にもらうことのみに意味を見出すものではありません!

 

あくまで「神様仏様に参拝した証」としていただくありがたいものなので、各々の本殿でしっかり参拝してから拝受するように努めましょう♪

 

この点に関しては、以下の記事にて詳しくまとめているので合わせて参考にご覧ください。

御朱印バイブル-御朱印集めのサポートブログ

諏訪大社の御朱印/時間&拝観料

 

また参拝する情報補足として、時間や拝観料についても触れておきます。

 

■拝観料

  • 拝観料=基本無料
  • 但し宝物殿などは500円/人程度

■拝観時間

  • 拝観時間=制限無し
  • (但しお宮参り等行事受付は9:00〜16:00頃まで)

■所要時間

  • 所要時間=一箇所30分程度

 

ここはエリアが二箇所に分かれているうえ合計で4箇所あるのである程度時間がかかるイメージですが、1箇所ずつはサクッと行けるので、要領よく移動して回るのがおすすめです♪

諏訪大社の御朱印/行き方(電車&バス)

 

また合わせて、行き方についてもご紹介します。

 

■住所(上社本宮)

「長野県諏訪市中洲宮山1番地」

■アクセス(電車&バス)

  • 品川駅〜=片道約3時間45分+3,100円
  • 横浜駅〜=片道約4時間10分+3,340円
  • 大宮駅〜=片道約4時間+3,370円
  • 千葉駅〜=片道約4時間20分+3,760円

諏訪大社の御朱印/行き方(車)

 

■アクセス(車)

  • 品川駅〜=片道約2時間30分+約200km
  • 横浜駅〜=片道約2時間30分+約210km
  • 大宮駅〜=片道約2時間50分+約230km
  • 千葉駅〜=片道約3時間10分+約240km
  • 名古屋駅〜=片道約2時間30分+約210km

諏訪大社の御朱印/駐車場(下社駐車場)

 

■駐車場1(諏訪大社 下社駐車場)

  • 料金=無料

諏訪大社の御朱印/駐車場(上社駐車場)

 

■駐車場2(諏訪大社 上社駐車場)

  • 料金=無料

 

これで実際に参拝する情報も完璧です♪

諏訪大社の御朱印まとめ

 

以上が諏訪大社の御朱印攻略!諏訪大社の時間・場所まとめのご紹介でした。

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

日光東照宮の御朱印攻略!日光東照宮の時間・場所まとめ

日光東照宮 御朱印

 

今回は日光東照宮の御朱印攻略!日光東照宮の時間・場所まとめのご紹介です。

 

「日光東照宮の御朱印情報を知りたい!」「行ける時間やアクセスを教えて」そんなあなたの為に、日光東照宮の御朱印情報情報をまとめました♪

 

日光東照宮の御朱印・御朱印帳(種類)

 

ではまずはじめに、この場所ではどのような御朱印・御朱印帳を拝受できるのか?そして種類などについてご紹介していきます。

 

■御朱印・御朱印帳

  • 御朱印料金=300円
  • 御朱印帳=2,100円(御朱印代含む)

■御朱印文字

  1. 神橋
  2. 日光山輪王寺
  3. 千手観音
  4. 五大尊
  5. 鳴龍
  6. 東照宮奥宮
  7. 阿弥陀如来
  8. 日光二荒山神社
  9. 大猷院

■御朱印1(神橋)

日光東照宮 御朱印1

■御朱印2(日光山輪王寺)

日光東照宮 御朱印2

■御朱印3(千手観音)

日光東照宮 御朱印3

■御朱印4(五大尊)

日光東照宮 御朱印4

■御朱印5(鳴龍)

日光東照宮 御朱印5

■御朱印6(東照宮奥宮)

日光東照宮 御朱印6

■御朱印7(阿弥陀如来)

日光東照宮 御朱印7

出典1:御朱印めぐり
出典2:日光東照宮-御朱印

■御朱印帳

日光東照宮 御朱印帳

出典:Twitter

このように日本だけでなく海外でも有名な観光スポットだけあり、オシャレでかっこいい御朱印や御朱印帳を拝受することができます。

 

なお御朱印帳は過去には陽明門工事完了記念や400年記念の限定レアアイテムなども出たりしたので、何か動きがある時は要チェックですね♪

もらい方(場所)

 

では次に、この場所での御朱印のもらい方についてもご紹介していきます。

 

■御朱印拝受場所&種類マップ

■マップ

日光東照宮 御朱印 マップ

出典:MAP&NEWS

ここは敷地も広いのですが、その分たくさんの御朱印を拝受することも可能です。各位置関係はそれほど大きく離れているわけではないので、上記のマップを参考に巡ってGETしてみてください♪

 

そしてそれ以外にも、御朱印は拝受するにあたって気持ちよく受け取るためのマナーというものがあります。

 

特に押さえておきたいのは、「御朱印は神様&仏様に参拝した証であること」です。この点に関しては、以下の記事にて詳しくまとめているので、合わせて参考にご覧ください。

御朱印バイブル-御朱印集めのサポートブログ

拝受時間

 

なお補足として、御朱印を受け取り損ねないように時間についても説明していきます。

 

■時間

  • 時間1=4/1〜10/31=8:00〜17:00
  • 時間2=11/1〜3/31=8:00〜16:00

■混雑

  • 人気観光スポットの為,通年相応の混雑
  • 特に紅葉期の日光は混雑が増えやすい
  • 但し諸々駐車場も多数ある為,渋滞に捕まらなければ車で赴く事は十分可能

■気温

  • 気温=標高600m程の場所にあり平地より3〜4℃は低いイメージの為,気持ち厚手の服装がベター

拝観料

 

お次は、拝観料です。

 

■拝観料金1(単独拝観券)

  • 高校以上=1,300円
  • 小・中学=450円

■拝観料金2(宝物館券)

  • 高校以上=1,000円
  • 小・中学=400円

■拝観料金3(上記セット券)

  • 高校以上=2,100円
  • 小・中学=770円

■拝観料金4(美術館券)

  • 大学以上=800円
  • 高校生 =600円
  • 小・中学=600円

 

拝観料に関しては、映画に1回行く様な感じですね。またちょっと寒いので、平地より厚めの服装がベターでもありますよ♪

行き方(電車&バス)

 

また合わせて最後に、東京から日光東照宮はどの程度か?そもそもどこにあるのか?などの各主要都市からの行き方や所要時間についてもご紹介です。

 

■住所

「栃木県日光市山内2301」

■アクセス(電車&バス)

  • 品川駅〜=片道約2時間40分+3,300円
  • 横浜駅〜=片道約3時間10分+3,540円
  • 大宮駅〜=片道約1時間45分+3,790円
  • 千葉駅〜=片道約2時間50分+4,190円

■最寄り駅

  • 最寄り駅=東武日光線/東武日光駅徒歩30分&2km

行き方(車)

 

■アクセス(車)

  • 品川駅〜=片道約2時間15分+約170km
  • 横浜駅〜=片道約2時間30分+約190km
  • 大宮駅〜=片道約1時間50分+約130km
  • 千葉駅〜=片道約2時間30分+約190km

駐車場

 

■駐車場

  • 料金=600円/台
  • 台数=200台

 

電車で行くのも抜群の利便性ですが、紅葉などを複合的に楽しむ場合は車で行くのもアリですね♪

まとめ

 

以上が日光東照宮の御朱印攻略!日光東照宮の時間・場所まとめのご紹介でした。

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

明月院の御朱印攻略!明月院の時間・場所まとめ

明月院 御朱印

 

今回は明月院の御朱印攻略!明月院の時間・場所まとめのご紹介です。

 

「明月院の御朱印情報を知りたい!」「行ける時間やアクセスを教えて」そんなあなたの為に、明月院の御朱印情報情報をまとめました♪

 

明月院の御朱印・御朱印帳

 

ではまずはじめに、この場所ではどのような御朱印・御朱印帳を拝受できるのかについてのご紹介です。

 

■御朱印・御朱印帳

  • 御朱印料金=300円
  • 御朱印帳=1,500円
  • 御朱印文字=聖観世音菩薩

 ■御朱印&御朱印帳

明月院 御朱印1

出典:4travel

ここの御朱印帳は、うさぎを可愛くあしらっていて可愛いです♪

 

そしてこのうさぎの原点は明月院の象徴とも言える丸窓が満月にも見えることから、うさぎを連想し作られたものなのです。発想力豊かな日本人らしいアイデアです♪

明月院の御朱印/もらい方

 

では次に、この場所での御朱印のもらい方についてもご紹介していきます。

 

まずここの御朱印は明月院に入る拝観料支払場所でお願いできるのですが、以下の時間は休憩時間で取り扱いがないので注意が必要です。

 

■御朱印受付時間外

  • 休憩時間1=11:20~12:00
  • 休憩時間2=14:10~14:30

■マップ

明月院 御朱印 マップ

出典:現代情報ポケット辞典

敷地内はそれほど広いわけではないので、先に御朱印をご依頼してから、内部を参拝するのもありです。

 

ただし御朱印をいただくのには、相応のマナーというものがあります。この点に関しては、以下の記事にて詳しくまとめているので、合わせて参考にご覧ください。

御朱印バイブル-御朱印集めのサポートブログ

明月院の御朱印/時間&拝観料

 

また合わせて、タイミングを把握しておけるように、時間や拝観料についても触れておきます。

 

■拝観料金

  • 拝観料=300円
  • (6月の紫陽花期は500円)

■拝観時間

  • 拝観時間=9:00〜16:00
  • 6月のみ=8:30〜17:00

■所要時間

  • 所要時間=20分程度

 

ここはサクッと見て行く事ができるので、可愛いウサギアイテムをゲットしに寄って行く事ができますね♪

明月院の御朱印/行き方(電車&バス)

 

また最後に合わせて、近隣の各主要都市からの行き方や所要時間についても触れておきます。

 

■住所

「神奈川県鎌倉市山ノ内189」

■アクセス(電車&バス)

  • 品川駅〜=片道約50分+720円
  • 横浜駅〜=片道約30分+310円
  • 大宮駅〜=片道約1時間30分+1,250円
  • 千葉駅〜=片道約1時間40分+1,420円

明月院の御朱印/行き方(車)

 

■アクセス(車)

  • 品川駅〜=片道約1時間10分+約50km
  • 横浜駅〜=片道約40分+約30km
  • 大宮駅〜=片道約1時間45分+約80km
  • 千葉駅〜=片道約1時間40分+約100km

明月院の御朱印/駐車場

 

■駐車場(タイムズ建長寺西)

  • 料金=300円/1H
  • 最大料金1=平日800円
  • 最大料金2=平日1,000円
  • 台数=約18台

 

これで実際の観光は完璧ではないでしょうか?(笑)

明月院の御朱印まとめ

 

以上が明月院のうさぎの御朱印や拝受時間、場所などまとめのご紹介でした。鎌倉観光をぜひ楽しんできてくださいね♪

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

円覚寺の御朱印攻略!円覚寺の時間・場所まとめ

円覚寺 御朱印

 

今回は円覚寺の御朱印攻略!円覚寺の時間・場所まとめのご紹介です。

 

「円覚寺の御朱印情報を知りたい!」「行ける時間やアクセスを教えて」そんなあなたの為に、円覚寺の御朱印情報情報をまとめました♪

 

円覚寺の御朱印・御朱印帳

 

ではまずはじめに、この場所ではどのような御朱印・御朱印帳を賜われるのか?など種類を含めてご紹介します。

 

■御朱印・御朱印帳

  • 御朱印料金=300円
  • 御朱印帳=1,500円

■御朱印文字

  1. 宝冠釈迦如来
  2. 南無延命地蔵
  3. 南無十一面観世音
  4. 北条時宗公御廟

■御朱印文字(限定)

  1. 功徳林/時期限定(11月の宝物風入れ期間)
  2. 舎利殿/時期限定(GW&11月中の指定3日)

■御朱印(宝冠釈迦如来)

円覚寺 御朱印1

■御朱印(北条時宗公御廟)

円覚寺 御朱印2

出典:4travel

■御朱印帳

円覚寺 御朱印帳

出典:とりあえずトリロジー

ここが面白いのは「菩提を弔う」事を目的に信仰された場所であり、御朱印はもちろん、御朱印帳は「佛心」のシンプルなアイテムで、なおかるペットの愛護守りも用意されている点です。

 

そのため御朱印ガール&男子としてシンプルな「佛心」の御朱印帳を買い求めに行く以外にも、動物守りを拝受しに行く、朝の清々しい鎌倉で座禅を体験する、なんて満喫プランができますね♪

 

 

しかもここ円覚寺(えんがくじ)は、今から700年以上前の1282年(鎌倉時代)に、時の偉い人・執権北条時宗が無学祖元という有名なお坊さんを大陸から招くために建てたお寺です。

 

 

なので、「鎌倉源氏の象徴」と言えば鶴岡八幡宮ですが、「執権北条氏の象徴」と言えばこの円覚寺です。

 

とくに侍が厚く信仰した禅宗(禅を行う宗派)の禅を広めることに大きく貢献した中国の僧「無学祖元」をここに招いていることからも、「鎌倉時代の迎賓館」とも言える、とても重要なお寺だったんですよ♪

円覚寺の御朱印/もらい方

 

では次に、ここの御朱印のもらい方についてもご紹介していきます。

 

■御朱印をもらえる場所

  1. 総門横/御朱印受付所(下記マップ下部)
  2. 佛日庵/御朱印受付所(下記マップ上部)

■マップ

円覚寺 御朱印 マップ

出典:円覚寺

基本的には二箇所で御朱印をいただくことができるのですが、二箇所が離れているので佛日庵に言った時点で御朱印帳が手元にないとちょっと面倒なことになります。

 

そのため、個人的にはまず佛日庵に行って御朱印を拝受してから、帰りがけに総門に立ち寄って御朱印をいただくのがおすすめルートです。

 

また御朱印を拝受するにあたって、知っておいた方が良いマナーというものがあります。この点に関しては、以下の記事にて詳しくまとめているので合わせて参考にご覧ください。

御朱印バイブル-御朱印集めのサポートブログ

円覚寺の御朱印/時間&拝観料

 

なお、御朱印を拝受するための時間や拝観料についても触れておきます。

 

■拝観時間

  • 時間1=3月〜11月=8:00〜16:30
  • 時間2=12月〜2月=8:00〜16:00

■所要時間

  • 所要時間=小一時間程度

■拝観料金

  • 高校以上 =300円
  • 小人・中学=100円

 

北鎌倉は山の方ですので、朝一番に行ってここで気持ちの良い空気を吸ったり、土曜日なら座禅に参加してみるのもオススメです♪

円覚寺の御朱印/行き方(電車&バス)

 

では最後に、近隣の各主要都市からの行き方や所要時間についてご紹介します。

 

■住所

「神奈川県鎌倉市山ノ内409」

■アクセス(電車&バス)

  • 品川駅〜=片道約1時間+610円
  • 横浜駅〜=片道約40分+310円
  • 大宮駅〜=片道約1時間40分+1,250円
  • 千葉駅〜=片道約1時間50分+1,420円

円覚寺の御朱印/行き方(車)

 

■アクセス(車)

  • 品川駅〜=片道約1時間10分+約50km
  • 横浜駅〜=片道約40分+約30km
  • 大宮駅〜=片道約1時間45分+約90km
  • 千葉駅〜=片道約1時間40分+約90km

円覚寺の御朱印/駐車場

 

■駐車場(報国寺駐車場)

  • 料金=600円/1H
  • 1H以降は300円/30分
  • 台数=約30台

 

あなたがどの関東圏にお住まいでも、大体1時間程度で足を運べる好立地ですよ♪

 

また北鎌倉駅から円覚寺は近いですが、それ以外にも周辺にはうさぎの可愛い御朱印帳が手に入る明月院や、縁切り寺で有名な東慶寺などもあります。

 

詳しくは以下の記事にてご紹介しているので、複合プランの参考に合わせてご覧ください。

東慶寺の御朱印攻略!拝受時間や場所がスグわかるまとめ

円覚寺の御朱印まとめ

 

以上が円覚寺の御朱印攻略!円覚寺の時間・場所まとめのご紹介でした。

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

東慶寺の御朱印攻略!東慶寺の時間・場所まとめ

東慶寺 御朱印

 

今回は東慶寺の御朱印攻略!東慶寺の時間・場所まとめのご紹介です。

 

「東慶寺の御朱印情報を知りたい!」「行ける時間やアクセスを教えて」そんなあなたの為に、東慶寺の御朱印情報情報をまとめました♪

 

東慶寺の御朱印/御朱印・御朱印帳

 

ではまずはじめに、この場所ではどのような御朱印が拝受できるのか?についてご紹介して行きます。

 

■御朱印

  • 御朱印料金=300円
  • 御朱印帳=1,500円

■御朱印文字

  1. 釈迦如来(ご本尊)
  2. 聖観世音菩薩(鎌倉三十三観音霊場第三十二番)
  3. 水月観音菩薩
  4. 東国花の寺百ヶ寺(鎌倉10番)

■御朱印(釈迦如来)

東慶寺 御朱印1

■御朱印(聖観世音菩薩)

東慶寺 御朱印2

■御朱印帳1

東慶寺 御朱印帳

出典:御朱印JAPAN

■御朱印帳2

東慶寺 御朱印帳2

出典:東慶寺

ここはとても可愛らしい御朱印帳が手に入るのが印象的な場所ではないでしょうか?

 

鎌倉エリアの神社仏閣はとても素敵なアイテムを拝受できるところが多いですが、ここも御多分に漏れず素敵な思い出とアイテムをゲットできますね♪

東慶寺の御朱印/もらい方

 

では次に、御朱印のもらい方に関しても合わせてご紹介します。

 

ここでは主に、以下のマップ右側にある「松岡宝蔵」にて御朱印を戴くことができます♪

■マップ

東慶寺 御朱印 マップ

出典:東慶寺

また、御朱印というのは「神様&仏様に対して参拝した証として拝受できるもの」です。

 

なので、本堂にもしっかり参拝して御朱印をいただくように務めるのがベターです♪

 

なおこの点に関しては、以下の記事にてマナーについてまとめているので合わせて参考にご覧ください。

御朱印バイブル-御朱印集めのサポートブログ

東慶寺の御朱印/時間&拝観料

 

なお補足として、時間&拝観料についても触れて行きます。

 

■拝観料金

  • 高校以上=200円
  • 小・中学=100円

■拝観時間

  • 時間1=3月〜10月=8:30〜17:00
  • 時間2=11月〜2月=8:30〜16:00

■所要時間

  • 所要時間=20分程度

 

ここ自体は比較的サクッと拝観できますし、そもそも鎌倉エリアのお寺はあまり時間を要する場所は多くはありません。

 

またここからすぐに鎌倉三大あじさい寺の一つで、可愛いうさぎの御朱印帳や、美しい「丸窓から見える庭園」がある「明月院」あります。詳しくは以下の記事にて合わせてご覧ください♪

明月院の御朱印攻略!拝受時間や場所がスグわかるまとめ
円覚寺の御朱印攻略!種類や拝受時間,場所がわかるまとめ

東慶寺の御朱印/歴史

 

では最後に、この東慶寺の縁切り話などについて簡単にご紹介します。

 

ここ東慶寺(とうけいじ)の創建は1285年と約700年以上前に始まり、北条貞時(ほうじょうさだとき)/9代鎌倉幕府執権が開基としてスタートしました♪

 

造営目的は定かではないですが、8代執権北条時宗の妻「覚山尼(かくさんに)」の出家先として、母親のために貞時が開基したとされる説です。

 

そして後には「縁切り寺」として徳川幕府の庇護を受け、「2年の間女性が駆け込み寺の中で奉仕に励む事」で離婚の示談を成立させる制度がここで発足していました。(この仕組みは明治初めまで続いた)
※江戸時代まで,結婚とは家同士の絆が中心であった為,女性が男性(夫)に離婚を申し込む事が出来なかった

 

 

以上のように、このお寺は女性からの離婚が許されなかった時代に、理不尽な結婚に耐えた末にそれでも離婚をしたいと願い、行動を起こした女性たちの最後の拠り所だった場所です。

 

今でこそ離婚や別れを女性から切り出す事も少なくないですが、封建社会ではそれは大変命がけだったわけです。

東慶寺の御朱印/行き方(電車&バス)

 

では最後に、近隣の各主要都市からのアクセスや所要時間についてもご紹介します。

 

■住所

「神奈川県鎌倉市山ノ内189」

■アクセス(電車&バス)

  • 品川駅〜=片道約50分+720円
  • 横浜駅〜=片道約30分+310円
  • 大宮駅〜=片道約1時間30分+1,250円
  • 千葉駅〜=片道約1時間40分+1,420円

東慶寺の御朱印/行き方(車)

 

■アクセス(車)

  • 品川駅〜=片道約1時間10分+約50km
  • 横浜駅〜=片道約45分+約30km
  • 大宮駅〜=片道約1時間40分+約90km
  • 千葉駅〜=片道約1時間45分+約90km

 

鎌倉自体は道が入り組んでいたり混雑が多かったりなど、移動するたびに車を止めて行くケースはあまりオススメできません。

 

可能なタイムズなどの1日料金の駐車場に駐車して、公共交通機関で動くのもアリです♪

東慶寺の御朱印まとめ

 

以上が東慶寺の御朱印攻略!東慶寺の時間・場所まとめのご紹介でした。

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

長谷寺の御朱印攻略!長谷寺の時間・場所まとめ

長谷寺 御朱印

 

今回は長谷寺の御朱印攻略!長谷寺の時間・場所まとめのご紹介です。

 

「長谷寺の御朱印情報を知りたい!」「行ける時間やアクセスを教えて」そんなあなたの為に、長谷寺の御朱印情報情報をまとめました♪

 

長谷寺の御朱印/御朱印・御朱印帳

 

ではまずはじめに、この場所ではどのような御朱印をいただけるのかについてのご紹介です。

 

■御朱印

  • 御朱印料金=初穂料300円
  • 御朱印帳=1,500円程度

■御朱印文字

  • 御朱印文字1=十一面大悲殿
  • 御朱印文字2=大黒天
  • 御朱印文字3=厄除け阿弥陀如来

■御朱印

長谷寺 御朱印1

■御朱印帳

長谷寺 御朱印帳

出典:あたふた日記

ここはあじさいの名所として有名なので、必然的に御朱印帳もそれに合わせた美しいものが拝受できますし、複数種類の御朱印を拝受することも可能です。

 

そのため6月頃のあじさいの時期に合わせて、この御朱印アイテムを拝受しに行くのもアリですね♪

長谷寺の御朱印/もらい方

 

では次に、この場所での御朱印のもらい方についてもご紹介してきます。

 

御朱印は下記マップの真ん中下にある、受付にてお願いすることができます。

■マップ

長谷寺 御朱印 マップ

出典:長谷寺

また、ここ鎌倉は言わずと知れた超一級観光スポットなので、6月の紫陽花の時期を筆頭として、基本的に混んでいることが多いです。

 

なので、事前にこちらで御朱印帳をお渡ししてお願いしてから、中を参拝するのがベターです♪

 

また御朱印を戴く場合には、相応のマナーというものがあります。この点に関しては、以下の記事にて詳しくまとめているので合わせて参考にご覧ください。

御朱印バイブル-御朱印集めのサポートブログ

長谷寺の御朱印/時間&拝観料

 

なお補足として、時間や拝観料についてもご紹介しておきます。

 

■拝観料金

  • 大人 =300円
  • 小学生=100円
  • (ペット同伴禁止)

■拝観時間

  • 8:00〜17:00(閉山/17:30)(3〜9月)
  • 8:00〜16:30(閉山/17:00)(10〜2月)

■所要時間

  • 所要時間=小一時間程度

 

鎌倉のお寺の拝観料で300円程度は相場です♪

長谷寺の御朱印/行き方(電車&バス)

 

また合わせて、各主要都市からの行き方や所要時間についても簡単にご紹介します。

 

■住所

「神奈川県鎌倉市長谷3丁目11−2」

■アクセス(電車&バス)

  • 品川駅〜=片道約1時間+910円
  • 横浜駅〜=片道約40分+530円
  • 大宮駅〜=片道約1時間45分+1,610円
  • 千葉駅〜=片道約2時間+1,770円

長谷寺の御朱印/行き方(車)

 

■アクセス(車)

  • 品川駅〜=片道約1時間10分+約50km
  • 横浜駅〜=片道約45分+約30km
  • 大宮駅〜=片道約1時間40分+約100km
  • 千葉駅〜=片道約1時間40分+約100km

長谷寺の御朱印/駐車場

 

■駐車場

  • 料金=300円/30分
  • 時間=長谷寺に準じる
  • 台数=約30台

 

鎌倉駅から長谷寺までは電車やバスで10分&200円程度、徒歩でも20分強で移動することができます。

長谷寺の御朱印まとめ

 

以上が長谷寺の御朱印攻略!長谷寺の時間・場所まとめのご紹介でした。

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

建長寺の御朱印攻略!建長寺の時間・場所まとめ

建長寺 御朱印

 

今回は建長寺の御朱印攻略!建長寺の時間・場所まとめのご紹介です。

 

「建長寺の御朱印情報を知りたい!」「行ける時間やアクセスを教えて」そんなあなたの為に、建長寺の御朱印情報情報をまとめました♪

 

建長寺の御朱印・御朱印帳

 

ではまずはじめに、ここではどのような御朱印・御朱印帳を拝受できるのか?種類などはどのようなものがあるかについてご紹介します。

 

■御朱印・御朱印帳

  • 御朱印料金=300円
  • 御朱印帳=1,500円

■御朱印文字

  1. 南無地蔵尊
  2. 千手観音
  3. 半僧坊大権現
  4. 勝上嶽地蔵
  5. 済田地蔵地蔵尊
  6. 心平寺地蔵尊
  7. 聖観世音菩薩/妙高院
  8. 南無大師遍照金剛
  9. 聖観世音菩薩/龍峰院

 ■御朱印(南無地蔵尊)

建長寺 御朱印1

■御朱印(千手観音)

建長寺 御朱印2

出典:必死!仕事人!?

■御朱印帳

建長寺 御朱印帳

■御朱印帳2

建長寺 御朱印帳2

出典:ほくほくポートフォリオ

詳しくは後述していますが、ここ建長寺は鎌倉幕府にとっての重要拠点であったため、その名残か御朱印の拝受できる種類も大変多いです。

 

ちなみに建長寺自体と、半僧坊エリアは徒歩で30分程度の距離があります。

 

そのため片方で御朱印を描いていただき拝受を待つケースだけでなく、御朱印帳を二つ用意して片方を描いていただいている間に半僧坊を登ってそちらでも拝受してくるというのが賢明かもしれません。

御朱印・御朱印帳補足

そして鎌倉幕府といえば「武士の時代の到来した時」であり「禅が日本で広まった時期」でもあります。

 

その時代において、ここ建長寺は1,253年、北条時頼(ほうじょうさだとき)/5代鎌倉幕府執権が、無学祖元をはじめとした、中国禅林の大人物を招くために使用した寺院なんです。(建長寺船という東海や消失によるたびに数度の立て直しを行うほど、ここは重要拠点だったと言えるのです。

 

つまり、鎌倉幕府時代でも共重要な迎賓館だったというわけなんですね♪

 

 

また御朱印帳に刻まれている「天下禅林」とは、「人材を天下に広く育成する禅寺」という意味であり、正に鎌倉幕府の基礎となった寺だけある名称を冠しています。

 

かつて建長寺船を出してまで維持した鎌倉幕府の禅の玄関口、それがここ建長寺です。

もらい方

 

では次に、この場所での御朱印のもらい方に関してご紹介していきます。

 

ここでは以下の二箇所で御朱印を拝受することが可能です。

 

■御朱印のもらえる場所

■マップ

建長寺 御朱印 マップ

出典:建長寺

なお、御朱印をいただく上で押さえておきたいマナーは「神様&仏様に参拝した証として拝受できるもの」であることです。それをおこなったうえで気持ちよく受け取るのが良い流れな訳です♪

 

なおこのマナーに関しては、以下の記事にて詳しくまとめているので、合わせて参考にご覧ください。

御朱印バイブル-御朱印集めのサポートブログ

時間&拝観料

 

では次に補足として、時間&拝観料について触れておきます。

 

■料金

  • 大人=300円
  • 子供=100円

■時間

  • 時間=8:30〜16:30

■所要時間

  • 所要時間=1〜2時間程度

 

ここは結構広いので、がっつり見て回りたい場合には、ある程度時間を確保して散策することをおすすめします♪

行き方(電車&バス)

 

また合わせて最後に、各主要都市からの行き方や所要時間についても、参考にご紹介します。

 

■住所1(建長寺)

「神奈川県鎌倉市山ノ内8」

 

■住所2(建長寺半僧坊)

「神奈川県鎌倉市山ノ内」

■アクセス(電車&バス)

  • 品川駅〜=片道約1時間+610円
  • 横浜駅〜=片道約40分+310円
  • 大宮駅〜=片道約1時間40分+1,250円
  • 千葉駅〜=片道約1時間50分+1,420円

行き方(車)

 

■アクセス(車)

  • 品川駅〜=片道約1時間10分+約50km
  • 横浜駅〜=片道約40分+約30km
  • 大宮駅〜=片道約1時間45分+約90km
  • 千葉駅〜=片道約1時間40分+約90km

駐車場

 

■駐車場

  • 時間=建長寺に準じる
  • 料金=600円/1H
  • 台数=30台

 

ここは停めれる台数が少ないので早めに行くか遅めに行くのがベターです。

 

さらにここ鎌倉は道が入り組んでいたり公共交通機関でも動きやすいので、もし車で行くのならば駅近隣のタイムズなど1日料金の駐車場に駐車して公共交通機関と併用して動くのもアリですよ♪

 

また建長寺周辺には、他の観光スポットとして円覚寺や明月院も徒歩圏内(20分強)にあります。

 

詳しくは以下の記事にて各々ご紹介しているので合わせて参考にしてください。

円覚寺の御朱印攻略!種類や拝受時間,場所がわかるまとめ
明月院の御朱印攻略!拝受時間や場所がスグわかるまとめ

まとめ

 

以上が建長寺の御朱印攻略!建長寺の時間・場所まとめのご紹介でした。

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪