京都の御朱印!京都の主要御朱印エリア

京都上賀茂神社の御朱印攻略!上賀茂神社の時間・場所まとめ

上賀茂神社 御朱印

 

今回は京都上賀茂神社の御朱印攻略!上賀茂神社の時間・場所まとめのご紹介です。

 

「上賀茂神社の御朱印情報を知りたい!」「行ける時間やアクセスを教えて」そんなあなたの為に、上賀茂神社の御朱印情報情報をまとめました♪

 

上賀茂神社の御朱印・御朱印帳

 

ではまずはじめに、この場所でどのような御朱印・御朱印帳がもらえるのか?ご朱印帳はどのようなものかについてご紹介します。

 

■御朱印・御朱印帳

  • 御朱印=初穂料300円
  • 御朱印帳=1,000円
  • 御朱印文字=賀茂別雷神社

■御朱印

上賀茂神社 御朱印1

■御朱印帳

上賀茂神社 御朱印帳

出典:とこてく京都

■時間

  • 参拝時間=10:00〜16:00

■料金

  • 拝観料=無料
  • (但し国宝/本殿権殿特別参拝は500円/人)

■所要時間

  • 所要時間=30分程度

■マップ

上賀茂神社 御朱印マップ

出典:ざ・京都

ご覧のように日本古来の御祭神の神社だけあり荘厳な風格の御朱印帳を手に入れることができます。

上賀茂神社の御朱印/もらい方

 

なお、ここでの御朱印のもらい方に関してもご紹介していきます。

 

まず開門しているタイミングであれば、参道を歩いて桜門をくぐってスグ横に御朱印を扱う場所があるので、そちらで御朱印を時拝受することが可能です。

 

御朱印 もらい方

 

そして単純にスタンプラリーのように書き記してもらって終わりではなく、御朱印は参拝して初めていただける証のようなものです。

 

正しい礼節を守って気持ちよく楽しみたいものですね♪

 

なお参考に御朱印を集めるにあたって必要なマナー情報を、以下の記事にてまとめているので合わせて参考にご覧ください。

御朱印バイブル-御朱印集めのサポートブログ

上賀茂神社の御朱印/行き方(電車&バス)

 

さらに参考として、関西や中部の各主要都市からの行き方についても簡単にご紹介します。

 

■住所

「京都府京都市北区上賀茂本山339」

■アクセス(電車&バス)

  • 京都駅〜=片道約45分+230円
  • 大阪駅〜=片道約1時間15分+790円
  • 神戸駅〜=片道約1時間45分+1,340円
  • 名古屋駅〜=片道約1時間20分+6,030円

上賀茂神社の御朱印/行き方(車)

 

■アクセス(車)

  • 京都駅〜=片道約30分+約10km
  • 大阪駅〜=片道約1時間15分+約60km
  • 神戸駅〜=片道約1時間40分+約80km
  • 名古屋駅〜=片道約2時間10分+約130km

上賀茂神社の御朱印/駐車場

 

■駐車場

  • 時間=拝観時間と同じ
  • 料金=無料
  • 台数=170台
  • 住所=上賀茂神社南西側

上賀茂神社から下鴨神社への移動方法

 

なお上賀茂神社から下鴨神社への移動方法についての補足ですが、鴨川沿いを下っていっても徒歩では小一時間程かかるため意外に距離があります。

 

スムーズに移動したい場合は、京都の以下のバス系統に乗れば上賀茂神社への最寄りバス停に到着できるので参考にして下さい。

 

最寄り駅

  • 最寄り駅1(市バス4系統)=上賀茂神社前
  • 最寄り駅2(京都バス/32/34/35/36/37系統)=上賀茂神社前

※市バス=緑色のバス(京都市内中心)
※京都バス=赤白のバス(郊外中心)

上賀茂神社の御朱印まとめ

 

以上が京都上賀茂神社の御朱印攻略!上賀茂神社の時間・場所まとめのご紹介でした。

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

京都西本願寺の御朱印&御朱印帳は?3分でスグわかるまとめ

西本願寺 御朱印

 

今回は京都西本願寺の御朱印&御朱印帳は?3分でスグわかるまとめのご紹介です。

 

「西本願寺の御朱印情報を知りたい!」「行ける時間やアクセスを教えて」そんなあなたの為に、西本願寺の御朱印情報情報をまとめました♪

 

西本願寺の御朱印・御朱印帳

 

ではまずはじめに、ここの御朱印&御朱印帳ってどんなの?というかあるの?という点についてご紹介です。

 

■御朱印

  • 御朱印&御朱印帳=残念ながら、ないんです・・・。
  • ただし参拝記念スタンプあり

■参拝記念スタンプ

西本願寺 御朱印1

出典:百寺巡礼

ここは様々な事情があるようで、御朱印自体がないのは残念です。

 

しかし参拝をした証として記念スタンプを拝受できる場所ですし、建物自体も歴史を感じられる美しいもののため、立ち寄るのにメリットのある場所でもあるんですよ♪

 

■西本願寺情報

  • 創建=1591年
  • 宗派=西本願寺派総本山/豊臣秀吉庇護の元創建
  • 正式名称1=龍谷山本願寺(りゅうこくざんほんがんじ)
  • 経緯=織田信長が大阪石山本願寺(大阪城の元地)の一向宗武装解除後,秀吉の治世時に再興されたのが西本願寺
  • 1994年=世界文化遺産登録
  • ここは新撰組の駐屯所として1865年,池田屋事件での功績の結果隊員が200名を超え,屯所として利用されていた場所としても有名です

ここは元々本願寺というルーツの流れでしたが、その後の豊臣秀吉と徳川家康の流れの中で分断してしまった歴史もある場所なんです。(新撰組の屯所にも使われましたし)

 

京都駅からも徒歩圏内の上、拝観自体は無料など、行きやすい条件も揃っているので、お出かけに絡めやすいですしね♪

 

※また御朱印を集めるにあたって必要なマナー情報を、以下の記事にてまとめているので合わせて参考にご覧ください。

御朱印バイブル-御朱印集めのサポートブログ

料金&時間

 

また御朱印補足として拝観料についてもご紹介します。

 

※なお以下にご紹介している地図は別窓で開くことができるので、現地でのパンフレットがわりにご利用ください。

 

■拝観料

  • 拝観料=志納(特に定めなし)
  • (志納=お参り金等で,特に拝観料自体は義務として定められていない)

■拝観時間

  • 拝観時間=5:30〜17:30
  • (季節変動の可能性あり)

■所要時間

  • 所要時間=小一時間程度

■マップ

西本願寺 御朱印 マップ

出典:本願寺

ここは基本的に特定の料金設定がなく、京都駅からも徒歩で行けるのでとても訪れやすいです。

 

是非このエリアに行く際は頭に入れておいてください♪

行き方

 

また合わせて御朱印補足として、行き方についてご紹介します。

 

■住所

「京都府京都市下京区門前町 堀川通花屋町下ル」

■アクセス(電車&バス)

  • 京都駅〜=片道約10分+230円
  • 大阪駅〜=片道約50分+560円
  • 神戸駅〜=片道約1時間15分+1,080円
  • 名古屋駅〜=片道約50分+6,030円

■アクセス(車)

  • 京都駅〜=片道約5分+約1km
  • 大阪駅〜=片道約50分+約50km
  • 神戸駅〜=片道約1時間10分+約70km
  • 名古屋駅〜=片道約1時間50分+約130km

■駐車場(聞法会館駐車場)

  • 料金=無料
  • 台数=約300台

※様々な利用者が利用する場所のため、長時間駐車は避けましょう

 

ここは京都駅から西本願寺へは徒歩でも1km程度なので周辺散策レベルで十分可能です。

まとめ

 

以上が京都西本願寺の御朱印&御朱印帳は?3分でスグわかるまとめのご紹介でした。

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

京都晴明神社の御朱印攻略!晴明神社の時間・場所まとめ

晴明神社 御朱印

 

今回は晴京都晴明神社の御朱印攻略!晴明神社の時間・場所まとめのご紹介です。

 

「晴明神社の御朱印情報を知りたい!」「行ける時間やアクセスを教えて」そんなあなたの為に、晴明神社の御朱印情報情報をまとめました♪

 

晴明神社の御朱印・御朱印帳

 

ではまずはじめに、この場所で拝受できる御朱印・御朱印帳はどのようなものか?についてご紹介します。

 

■御朱印・御朱印帳

  • 御朱印料金=初穂料300円
  • 御朱印帳=2,000円
  • 御朱印文字=晴明社
  • 時間=9:00〜17:00

■御朱印

晴明神社 御朱印1

■御朱印帳

晴明神社 御朱印2

出典:ミステリあれやこれや

■参拝情報

  • 参拝時間=9:00〜18:00
  • 参拝料=なし

 

ここは安倍晴明ゆかりの五芒星が御朱印帳に描かれていて、とてもカッコ良いです。

 

そして値段は他の御朱印帳より数百円高いですが、格好良さで帳消しできると思いますしね♪

 

 

そしてここの神社は安倍晴明を祀っているのですが、彼は「921年平安時代生まれ」なので、1,000年以上も前の人物であり、当時の天皇陛下や時の覇者「藤原道長」に多大な信頼を受けた伝説的陰陽師です。

 

その才覚は、天文学や呪術を始め様々な学問に優れていた点でも有名で、大鏡をはじめとした様々な書記に逸話が残っている人物でもあります。

 

そしてここ京都の晴明神社は、そんな平安の万能の天才であった晴明の屋敷跡に建立された神社なのです。

もらい方

 

なお御朱印のもらい方に関しては、下記マップ左下にある授与所で拝受することができます。

■マップ

晴明神社 御朱印 マップ

出典:晴明神社

ただしあくまで御朱印は「参拝した証」なので、本殿でしっかり参拝することもお忘れなく♪

 

ちなみに御朱印を集めるにあたって必要なマナー情報を、以下の記事にてまとめているので合わせて参考にご覧ください。

御朱印バイブル-御朱印集めのサポートブログ

行き方(電車&バス)

 

また最後に合わせて行き方に関してご紹介しておきます。

 

■住所

「京都府京都市上京区晴明町 堀川通一条上ル晴明町806」

■アクセス(電車&バス)

  • 大阪駅〜=片道約1時間10分+630円
  • 神戸駅〜=片道約1時間45分+980円
  • 京都駅〜=片道約30分+230円
  • 名古屋駅〜=片道約1時間10分+6,030円

行き方(車)

 

■アクセス(車)

  • 大阪駅〜=片道約1時間+約50km
  • 神戸駅〜=片道約1時間30分+約80km
  • 京都駅〜=片道約20分+約5km
  • 名古屋駅〜=片道約2時間+約130km

駐車場

 

■駐車場

  • 名称=晴明神社南東駐車場
  • 料金=100円/20分

 

なお、この晴明神社は京都駅と金閣寺の中間程度に位置しているので、金閣寺や龍安寺石庭方面に行く際に合わせて立ち寄ることもできます。

 

詳しくは以下の記事にて、龍安寺もご紹介しているので合わせて参考にして下さい。
龍安寺の御朱印攻略!拝受時間や場所などがスグわかるまとめ

まとめ

 

以上が京都晴明神社の御朱印攻略!晴明神社の時間・場所まとめのご紹介でした。

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

京都伏見稲荷大社の御朱印攻略!伏見稲荷大社情報まとめ

伏見稲荷大社 御朱印

 

今回は京都伏見稲荷大社の御朱印攻略!伏見稲荷大社情報まとめのご紹介です。

 

「伏見稲荷大社の御朱印情報を知りたい!」「行ける時間やアクセスを教えて」そんなあなたの為に、伏見稲荷大社の御朱印情報情報をまとめました♪

 

伏見稲荷大社の御朱印・御朱印帳

 

ではまずはじめに、この場所ではどのような御朱印・御朱印帳が拝受できるのか?などについてご紹介していきます。

 

■御朱印・御朱印帳

  • 御朱印料金=各300円
  • 御朱印帳=1,000円〜2,000円程度

■御朱印文字

  1. 伏見稲荷大社
  2. 稲荷山
  3. 伏見稲荷大社奥社

■御朱印&御朱印帳総合マップ

■御朱印1

伏見稲荷大社 御朱印1

■御朱印2

伏見稲荷大社 御朱印2

■御朱印3

伏見稲荷大社 御朱印3

■御朱印帳1

伏見稲荷大社 御朱印帳

出典:御朱印とパワースポット近畿

■御朱印帳2

伏見稲荷大社 御朱印帳1

出典:Twitter

さすがにたくさんの観光客が参拝に訪れる一大観光スポットだけあり、参道周辺で可愛らしい御朱印帳を拝受することも可能です。

 

もちろん伏見稲荷大社自身のシンプルな御朱印帳も良いですが、お店で作られている可愛らしい御朱印帳で御朱印巡りするのも一興ですよ♪

伏見稲荷大社の御朱印/もらい方

 

では次に、この場所での御朱印のもらい方に関しても合わせてご紹介していきます。

 

先ほどGoogleマップでもご紹介しましたが、改めて地図でご紹介すると以下の通りです。

 

■御朱印のもらえる場所

  1. 本殿横の授与所(境内図マップ真中)
  2. 奥社奉拝所(境内図マップ右上)
  3. 御膳谷奉拝所(全体図マップ左上)

 ■境内図マップ

伏見稲荷大社 御朱印 マップ

出典:4travel

■全体図マップ

伏見稲荷大社 御朱印 マップ1

出典:伏見稲荷大社

ここは奥社のみ貼り付けるタイプのもので戴けるのですが、御膳谷奉拝所だけ山を登らないといけないので、少々体力勝負の面があります。

 

 

しかし美しい鳥居を見ながら歩いたり、山の中で森林浴をしてくると思えば比較的良い運動になるとも感じられますので、個人的には全て拝受してくることをおすすめします♪

 

また御朱印を集めるにあたって必要なマナーというものがあります。この点に関しては、以下の記事にて詳しくまとめているので、合わせて参考にご覧ください。

御朱印バイブル-御朱印集めのサポートブログ

伏見稲荷大社の御朱印/時間

 

なお補足として、何時まで行けるのかなどの時間についても触れておきます。

 

■拝観時間

  • 営業(参拝)時間=8:30〜16:30
  • (参拝は昼夜可能)

■所要時間

  • 所要時間=2〜3時間
  • (山頂までの登山で頂上に2時間はかかる,それを省けば小一時間)

■混雑

  1. 日本TOP5に入る初詣参拝有名スポット(近畿最多約250万人超え)
  2. 上記の状況の為,特に初詣時は交通規制がある為公共交通機関利用がベター
  3. なお正月三が日は終日開放
  4. 伏見稲荷大社は朝9時頃&夕方16時頃の辺りが混みやすい為,あえて昼頃に行くのもアリ(但し1日混む事も当然ある)

伏見稲荷大社の御朱印/拝観料

 

お次は、拝観料です。

 

■拝観料金

  • 拝観(入場)料金=無料
  • (ご祈祷などは別途)

 

ここは山まで登るか?どこまで参拝するかで時間や行動方法が変わると言えますね♪

伏見稲荷大社の御朱印/行き方(電車&バス)

 

最後に伏見稲荷大社の場所はどこにあるのかや、各主要都市からの行き方や所要時間についてもご紹介します。

 

■住所

「京都府京都市伏見区深草藪之内町68」

■アクセス(電車&バス)

  • 京都駅〜=片道約10分+140円
  • 大阪駅〜=片道約1時間+560円
  • 神戸駅〜=片道約1時間10分+1,320円
  • 名古屋駅〜=片道約50分+5,800円

■最寄り駅

  • 最寄り駅1=JR奈良線/稲荷駅徒歩すぐ
  • 最寄り駅2=京阪本線/伏見稲荷駅徒歩5分
  • 最寄り駅3=市バス南5系統/稲荷大社前徒歩7分

伏見稲荷大社の御朱印/行き方(車)

 

■アクセス(車)

  • 京都駅〜=片道約15分+約5km
  • 大阪駅〜=片道約1時間+約50km
  • 神戸駅〜=片道約1時間15分+約70km
  • 名古屋駅〜=片道約1時間50分+約130km

伏見稲荷大社の御朱印/駐車場

 

■駐車場&駐輪場

  • 料金=無料
  • 台数=約170台
  • 駐輪=約30台
  • (但し参拝者のみ)

 

先ほど混雑の話で昼間狙いの話が出ましたが、駐車場を考えると車利用者は早めの行動が逆に吉と言えますね♪

伏見稲荷大社の御朱印まとめ

 

以上が京都伏見稲荷大社の御朱印攻略!伏見稲荷大社情報まとめのご紹介でした。

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

京都醍醐寺の御朱印攻略!醍醐寺の時間・場所まとめ

醍醐寺 御朱印

 

今回は京都醍醐寺の御朱印攻略!醍醐寺の時間・場所まとめのご紹介です。

 

「醍醐寺の御朱印情報を知りたい!」「行ける時間やアクセスを教えて」そんなあなたの為に、醍醐寺の御朱印情報情報をまとめました♪

 

醍醐寺の御朱印・御朱印帳

 

ではまずはじめに、ここではどのような御朱印を拝受できるのか?時間や場所についてご紹介していきます。

 

■御朱印

  • 御朱印=初穂料300円
  • 御朱印帳=850円

■御朱印文字

  1. 薬師如来
  2. 根本准胝尊
  3. 五大力尊
  4. 神変
  5. 慈氏殿

 ■御朱印(薬師如来)

醍醐寺 御朱印1

■御朱印(根本准胝尊)

醍醐寺 御朱印2

出典:御朱印綴り

■御朱印帳

醍醐寺 御朱印帳

出典:気まぐれ御朱印 独り言

ここは御朱印らしくない、鮮やかな色の御朱印帳が特徴的です♪

 

もちろん御朱印を集めるのに用いるのもアリですし、値段も手頃なのでこれ自体を部屋に飾ってインテリアにするのもアリですね(笑)

 

そして補足情報ですが、全国にはこのような美しいご朱印帳がたくさんあります。詳しくは以下の記事にてご紹介しているので合わせてご覧ください。

御朱印帳TOP6!使い方やかわいいorかっこいい物まとめ

醍醐寺の御朱印/もらい方

 

なお、ここでの御朱印のもらい方についてもご紹介していきます。

 

御朱印がもらえるのは、下記マップで紹介している三宝院と観音堂(西国十一番札所)の二箇所で拝受できます。(時間は17:00頃まで)

■マップ

醍醐寺 御朱印 マップ

出典:醍醐寺HP

そして、現地で参拝をした後に御朱印をいただくのが御朱印巡りのマナーです♪この点に関して、詳しくは以下の記事にてまとめているので合わせて参考にご覧ください。

御朱印バイブル-御朱印集めのサポートブログ

 

醍醐寺の御朱印/醍醐エリア各情報

 

では次にそんな美しい醍醐寺の拝観料や時間などについてのご紹介です。

 

ここは山の下の下醍醐と山上の上醍醐に分かれています。少し長いですが、迷ったら、ここを参考にしてください。

醍醐寺の御朱印/下醍醐/拝観料

 

■拝観料1(下醍醐エリア)

(三宝院庭園,霊宝館,伽藍(金堂,五重塔)エリア)

  • 大学以上=800円
  • 中・高生=600円
  • 小学以下=無料

■拝観料(桜&紅葉時期特別期間)

  • 期間1(春期)=3/20〜5/15
  • 期間2(秋期)=10/15〜12/10
  • (これらの期間は桜&紅葉の見頃のため料金が変わるのです)
  • 大学以上=1,500円
  • 中・高生=1,000円
  • 小学以下=無料

醍醐寺の御朱印/下醍醐/時間

 

■時間(上記下醍醐エリア)

  • 時間1=3/1〜12/第1日曜=9:00〜17:00
  • 時間2=12/第1日曜〜2/末=9:00〜16:30
  • (各所入場は閉門30分前まで)

醍醐寺の御朱印/上醍醐エリア情報

 

お次は上醍醐エリアです。

醍醐寺の御朱印/上醍醐/拝観料

 

■拝観料2(上醍醐エリア)

  • 大学以上=600円
  • 中・高生=400円
  • 小学以下=無料
  • (上記下醍醐拝観券提時は100円引)

醍醐寺の御朱印/上醍醐/時間

 

■時間(上醍醐エリア)

  • 時間1=3/1〜12/第1日曜=9:00〜16:00
  • 時間2=12/第1日曜〜2/末=9:00〜15:00
  • (天候により入山不可時あり)

■所要時間

  • 所要時間1(下醍醐のみ)=1時間30分程度
  • 上醍醐へは登山で徒歩一時間程度が必要
  • 所要時間2(全エリア)=半日は想定必要

 

要点は「上に行く場合は早めに閉まるが美しい自然の景観がある」「下の場合は国宝や庭が見えたり手軽に行ける」なんてイメージで把握して行けば大丈夫ですよ♪

醍醐寺の御朱印/歴史

 

では最後に、歴史について簡単にご紹介します。

 

ここ醍醐寺(読み方=だいごじ)の建立は874年で1000年以上前に真言宗醍醐派の総本山として現在に至っています。

 

空海の孫弟子であった、聖宝理源大師(しょうぼうりげんだいし)が、山に登った際に醍醐山の神が現れ「醍醐味なるかな」と水を飲む様から醍醐山と命名し、寺も建立しました。

 

 

特にここが有名なのは、日本の天下統一を果たした人物「豊臣秀吉」が、九州平定後の最晩年に開いた催し「醍醐の花見」を行なった場所として有名です。

 

 

そして冒頭の画像でもご紹介している赤い橋のかかる「弁天堂」は、「春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪」の各々の変化の美しさが世界的にネットで話題となった場所でもあるんです♪

 

ここは日本人が世界に誇る美しき景色を誇る場所、それがこの場所であるわけです(凄)

醍醐寺の御朱印/行き方(電車&バス)

 

では最後に、この場所への行き方も合わせてご紹介します。

 

■住所

「京都府京都市伏見区醍醐東大路町22」

■アクセス(電車&バス)

  • 京都駅〜=片道約40分+450円
  • 大阪駅〜=片道約1時間10分+1,060円
  • 神戸駅〜=片道約1時間45分+1,380円
  • 名古屋駅〜=片道約1時間30分+6,020円

醍醐寺の御朱印/行き方(車)

 

■アクセス(車)

  • 京都駅〜=片道約30分+約10km
  • 大阪駅〜=片道約1時間10分+約60km
  • 神戸駅〜=片道約1時間30分+約80km
  • 名古屋駅〜=片道約1時間50分+約120km

醍醐寺の御朱印/駐車場

 

■駐車場(醍醐寺駐車場)

  • 時間=9:30〜15:20 or 16:20
  • 料金=700円/〜5H
  • (5H以降は100円/30分)
  • 台数=約100台

 

上記の通り、醍醐寺駐車場の100台に停めれなかった場合は一番近くても20〜30分は歩くイメージになります。

 

早めに駐車場を確保するか最初から1日駐車で公共交通機関利用に切り替えるなど賢く対応しましょう♪

 

京都駅から醍醐寺周辺までは多少距離があります。

 

しかし醍醐寺から伏見稲荷には西へ30分程度&400円で程度で、「千本鳥居と美しい景観がある伏見稲荷大社」が稲荷山を挟んで行けます。こちらもとても魅了される空間でいっぱいですので、以下の記事にてあわせてご覧ください。

伏見稲荷大社の御朱印攻略!拝受時間や場所がわかるまとめ

醍醐寺の御朱印まとめ

 

以上が京都醍醐寺の御朱印攻略!醍醐寺の時間・場所まとめのご紹介でした。

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

住吉大社の御朱印攻略!住吉大社の時間・場所まとめ

住吉大社 御朱印

 

今回は住吉大社の御朱印攻略!住吉大社の時間・場所まとめのご紹介です。

 

「住吉大社の御朱印情報を知りたい!」「行ける時間やアクセスを教えて」そんなあなたの為に、住吉大社の御朱印情報情報をまとめました♪

 

住吉大社の御朱印・御朱印帳

 

ではまずはじめに、この場所ではどのような御朱印・御朱印帳を拝受できるのか?などについてご紹介します。

 

■御朱印・御朱印帳

  • 料金=初穂料300円
  • 御朱印帳=1,500円程度

■御朱印文字

  • 文字1=住吉大社
  • 文字2=大歳社
  • 文字3=種貸社
  • 文字4=神光照海
  • 文字5=楠珺社
  • 文字6=浅澤社

■御朱印(住吉大社)

住吉大社 御朱印1

■御朱印帳

住吉大社 御朱印帳

出典:miraiju.info

いかがですか?白ウサギのカラフルで可愛らしい御朱印帳は中々ないですよね♪(うさぎ子宝の象徴なので、ここのご利益にはぴったりです)

 

ここは安産や子育て、縁結びなどのご利益が強いので必然的にうさぎというアイコンが出てきているのです。(イースターのうさぎも意味は、子沢山などの意味で同様です)

 

※ちなみにうさぎの理由は後述で紹介している御祭神「神功皇后」が卯年生まれだからです。これは「太宰府天満宮」の御祭神「菅原道眞公」が丑年生まれで牛を祀っているのと同じパターンです。

住吉大社の御朱印/もらい方

 

また合わせて、この場所の御朱印帳のもらい方についてもご紹介していきます。

 

基本的にこの場所では、以下のマップ中央の「授与所」にて一通りの御朱印をお願いすることが可能です。

■マップ

住吉大社 御朱印 マップ

出典:住吉大社

ちなみに上記マップでもご紹介していますが、「五大力」という石のお守りもゲットできるので、御朱印の記載を待つ間に余裕があれば訪れるのもおすすめです。

 

 

なお御朱印を拝受する時のマナーですが、あくまで御朱印とは「神様仏様に参拝した証として戴くもの」なので、スタンプラリーのように記載だけいただいて帰るのではなく、きちんと本殿にも参拝しましょうね♪

 

この点に関しては、以下の記事にて詳しくまとめているので合わせて参考にご覧ください。

御朱印バイブル-御朱印集めのサポートブログ

住吉大社の御朱印/時間&拝観料

 

また合わせて、この場所の時間や拝観料についても触れておきます。

 

■拝観料

  • 拝観料=基本無し

■拝観時間

  • 拝観時間=6:00〜17:00頃
  • 授与所=9:00〜17:00
  • (10月〜3月は6:30〜)

■所要時間

  • 所要時間=小一時間程度

 

ここは早朝から拝観できるので、涼やかな早朝から願掛けにお出かけするのもアリです。

住吉大社の御朱印/行き方(電車&バス)

 

また合わせて、近隣の各主要都市からの行き方などの交通についても簡単にご紹介します。

 

■住所

「大阪府大阪市住吉区住吉2丁目9−89」

■アクセス(電車&バス)

  • 大阪駅〜=片道約30分+390円
  • 神戸駅〜=片道約1時間10分+860円
  • 京都駅〜=片道約1時間10分+1,130円

■最寄り駅

  • 最寄り駅1=南海本線/住吉大社駅徒歩3分
  • 最寄り駅2=南海高野線/住吉東駅徒歩5分
  • 最寄り駅3=阪堺線/住吉鳥居前駅すぐ
  • 最寄り駅4=阪堺線/住吉公園駅徒歩2分

住吉大社の御朱印/行き方(車)

 

■アクセス(車)

  • 大阪駅〜=片道約30分+約20km
  • 神戸駅〜=片道約1時間+約40km
  • 京都駅〜=片道約1時間10分+約60km

住吉大社の御朱印/駐車場

 

■駐車場

  • 料金=200円/1H
  • 時間=日中(夜間閉鎖)
  • 台数=約200台

 

ここは大阪の主要エリアにある場所なので、大阪駅からも気軽に寄ることができる場所です。

 

そのため、あなたが大阪近隣でない場合でも参拝や周辺観光の一環にするのに十分な立地と言えます。

住吉大社の御朱印まとめ

 

以上が住吉大社の御朱印攻略!住吉大社の時間・場所まとめのご紹介でした。

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

京都石清水八幡宮の御朱印攻略!石清水八幡宮情報まとめ

石清水八幡宮 御朱印

 

今回は京都石清水八幡宮の御朱印攻略!石清水八幡宮情報まとめのご紹介です。

 

「石清水八幡宮の御朱印情報を知りたい!」「行ける時間やアクセスを教えて」そんなあなたの為に、石清水八幡宮の御朱印情報情報をまとめました♪

 

石清水八幡宮の御朱印・御朱印帳

 

ではまずはじめに、この場所ではどのような御朱印・御朱印帳を拝受できるのかなどについてのご紹介です。

 

■御朱印・御朱印帳

  • 御朱印料金=初穂料300円
  • 御朱印帳=1,500円程度

■御朱印文字

  • 文字1=八幡大神
  • 文字2=武内社
  • 文字3=石清水社
  • 文字4=高良神社

■御朱印(八幡大神)

石清水八幡宮 御朱印1

■御朱印(武内社)

石清水八幡宮 御朱印2

■御朱印(石清水社)

石清水八幡宮 御朱印3

■御朱印(高良神社)

石清水八幡宮 御朱印4

■御朱印帳

石清水八幡宮 御朱印帳

出典:石清水八幡宮

ここは後述していますが、元々貴族社会から「守護者」のルーツになっているお寺です。

 

そしてその後の歴史を作っていく武家の名門「源氏」の氏神なので、厄除けや守るという力が強いイメージにもなっているんです♪

 

なので必然的にかっこいいご朱印帳を拝受できるのも自然です。

石清水八幡宮の御朱印/もらい方

 

なお、この場所での御朱印のもらい方に関してもご紹介していきます。

 

基本的には以下マップ23番の「おふだ・お守り授与所」にて先ほどの4種類の御朱印を拝受することが可能です。

■マップ

石清水八幡宮 御朱印 マップ

出典:石清水八幡宮

ただし、御朱印を戴く時のマナーとして、「神様仏様に参拝した証」が御朱印なので、しっかり各々のご祭神にご参拝するのがベターです。(少なくとも本殿には参拝しましょう)

 

そのため、合わせて各ご祭神の参拝先もマップ番号にてご紹介しておきますので、参考にして下さい♪

 

■御朱印の各参拝先

  • 文字1=八幡大神/マップ22
  • 文字2=武内社/マップ22
  • 文字3=石清水社/マップ⑨
  • 文字4=高良神社/マップ④

 

また御朱印を集めるにあたって必要なマナー情報を、以下の記事にてまとめているので、こちらも合わせて参考にご覧ください。

御朱印バイブル-御朱印集めのサポートブログ

石清水八幡宮の御朱印/時間

 

また、参拝にあたって必要な時間についてもご紹介します♪

 

■参拝時間

  • 参拝時間=6:00〜18:00頃
  • (季節により30分程度変動あり,詳しくは上記出典HPリンクにて)

■所要時間

  • 所要時間=小一時間程度
  • ケーブル利用しないハイキング登山は555段の階段を含めて徒歩30分程度+の想定

石清水八幡宮の御朱印/拝観料

 

お次は、拝観料です♪

 

■拝観料金

  • 基本無し
  • (特別拝観などは別)

■ケーブル料金

  • 時間=8:00〜18:00頃
  • 料金1=大人400円/往復
  • 料金2=小児400円/往復

 

階段を登るのは割と手間なので、できるならケーブルカー利用をおすすめします♪

石清水八幡宮の御朱印/行き方(電車&バス)

 

また最後に補足として、近隣の各主要都市からの行き方や所要時間についても触れておきます。

 

■住所

「京都府八幡市八幡高坊30」

■アクセス(電車&バス)

  • 京都駅〜=片道約1時間+310円
  • 大阪駅〜=片道約1時間+530円
  • 神戸駅〜=片道約1時間30分+1,010円
  • 名古屋駅〜=片道約1時間30分+6,280円

石清水八幡宮の御朱印/行き方(車)

 

■アクセス(車)

  • 京都駅〜=片道約30分+約20km
  • 大阪駅〜=片道約50分+約30km
  • 神戸駅〜=片道約1時間10分+約70km
  • 名古屋駅〜=片道約1時間50分+約140km

石清水八幡宮の御朱印/駐車場

 

■駐車場

  • 料金=500円/回
  • 時間=8:30〜16:00
  • 台数=約70台

 

ここは京都駅からはかなり南なので、「京都」に行くイメージよりちょっと離れていると判断して行くのがベターです。

石清水八幡宮の御朱印まとめ

 

以上が京都石清水八幡宮の御朱印攻略!石清水八幡宮情報まとめのご紹介でした。

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

京都天龍寺の御朱印攻略!天龍寺の時間・場所まとめ

天龍寺 御朱印

 

今回は京都天龍寺の御朱印攻略!天龍寺の時間・場所まとめのご紹介です。

 

「天龍寺の御朱印情報を知りたい!」「行ける時間やアクセスを教えて」そんなあなたの為に、天龍寺の御朱印情報情報をまとめました♪

 

天龍寺の御朱印・御朱印帳

 

ではまずはじめに、この場所ではどのような御朱印・御朱印帳が拝受できるのかについてのご紹介です。

 

■御朱印・御朱印帳

  • 御朱印=初穂料200円
  • 御朱印帳=1,200円
  • 御朱印文字=覚王宝殿

■御朱印

天龍寺 御朱印

■御朱印帳

天龍寺 御朱印帳

出典:京都御朱印サポート本舗

ここは他の御朱印帳や御朱印の値段よりリーズナブルに拝受することができます。

 

荘厳なイメージの御朱印帳が手に入るので、タイミングを合わせて入手するのもアリですね♪

天龍寺の御朱印/もらい方

 

では次に、この場所での御朱印のもらい方についてのご紹介です。

 

ここでの御朱印は下のマップ右側にて確認できる、庫裏右側の「朱印所」にて拝受することが可能です。

■マップ

天龍寺 御朱印 マップ

出典:観光旅行はベストミックス

ここはとても美しい庭園や池など、見ていて飽きない場所でもあるので、御朱印をいただきながらその風景に趣を感じてみるのもおすすめです♪

 

また、参考として御朱印を集めるにあたって必要なマナー情報を、以下の記事にてまとめているので合わせて参考にご覧ください。

御朱印バイブル-御朱印集めのサポートブログ

天龍寺の御朱印/時間

 

なお、御朱印を拝受できる時間なども合わせて参考にご紹介していきます。「あ!受け取れなかった・・。」というのでは寂しいですからね♪

 

■拝観時間

  • 拝観時間=9:00〜17:00
  • (10/21〜3/20は16時閉門)

■所要時間

  • 所要時間=30分程度
  • (座禅体験などを行えば更に延長)

天龍寺の御朱印/拝観料

 

お次は拝観料です。

 

■拝観料1(庭園=曹源池・百花苑)

  • 高校以上=500円
  • 小・中学=300円
  • 未就学児=無料

■拝観料2(諸堂=大方丈・書院・多宝殿)

  • 上記庭園拝観料に300円追加

■拝観料3(法堂/雲龍図公開日)

  • 拝観料=500円/人(上記と別途)
  • 拝観期間=土日祝
  • (1/1〜1/2&10/28〜10/30は雲龍図参拝休止)

※別途四季ごとの特別公開あり

 

ここは位置関係的に京都駅より少々遠い嵐山です。

 

なので紅葉の時期に一緒に参じてみるか、あえて少し離れた場所であるここで竹林の中の非日常を味わいに行くというのも一興です♪

天龍寺の御朱印/ 行き方(電車&バス)

 

では最後に、行き方についてもご紹介します。

 

■住所

「京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町 嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68」

■アクセス(電車&バス)

  • 京都駅〜=片道約30分+240円
  • 大阪駅〜=片道約1時間10分+400円
  • 神戸駅〜=片道約1時間40分+750円
  • 名古屋駅〜=片道約1時間10分+5,800円

天龍寺の御朱印/行き方(車)

 

■アクセス(車)

  • 京都駅〜=片道約30分+約10km
  • 大阪駅〜=片道約1時間10分+約60km
  • 神戸駅〜=片道約1時間30分+約80km
  • 名古屋駅〜=片道約2時間10分+約140km

天龍寺の御朱印/駐車場

 

■駐車場(天龍寺駐車場)

  • 料金=1,000円/回
  • 台数=120台

 

ご覧の通り京都駅から天龍寺は少々距離がありますが、周辺には寺院もあり京都駅から行くより天龍寺から金閣寺まで行く方が建設的ですし、天龍寺から仁和寺か龍安寺までは30分強&210円で行くことができます。

 

詳しくは以下の記事にて金閣寺近辺の寺院情報をご紹介しているので複合プランの参考にしてください。

龍安寺の御朱印攻略!拝受時間や場所などがスグわかるまとめ
仁和寺の御朱印攻略!拝受時間や場所がスグわかるまとめ

天龍寺の御朱印まとめ

 

以上が京都天龍寺の御朱印攻略!天龍寺の時間・場所まとめのご紹介でした。

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

京都仁和寺の御朱印攻略!仁和寺の時間・場所まとめ

仁和寺 御朱印

 

今回は京都仁和寺の御朱印攻略!仁和寺の御朱印情報まとめのご紹介です。

 

「仁和寺の御朱印情報を知りたい!」「行ける時間やアクセスを教えて」そんなあなたの為に、仁和寺の御朱印情報情報をまとめました♪

 

仁和寺の御朱印・御朱印帳

 

ではまずはじめに、ここで拝受できる御朱印・御朱印帳はどんなものかご紹介していきます。

 

■御朱印・御朱印帳

  • 御朱印=初穂料300円程度
  • 御朱印帳=1,000円〜1,200円

■御朱印文字

  1. 阿弥陀如来
  2. 御室御所
  3. 弘法大師
  4. 勢至菩薩
  5. 水掛不動尊

■御朱印(阿弥陀如来)

仁和寺 御朱印1

■御朱印(御室御所)

仁和寺 御朱印2

■御朱印(弘法大師)

仁和寺 御朱印3

■御朱印(勢至菩薩)

仁和寺 御朱印4

■御朱印(水掛不動尊)

仁和寺 御朱印5

出典:御朱印巡りの旅

■御朱印帳1

仁和寺 御朱印帳1

■御朱印帳2

仁和寺 御朱印帳2

■御朱印帳3

仁和寺 御朱印帳3

■御朱印帳4

仁和寺 御朱印帳4

出典:仁和寺

このようにご覧いただいた通り、様々な種類の美しい御朱印帳が手に入るのがこの場所の魅力でもあるんです♪

 

なのでもちろんここでご朱印帳を拝受してから御朱印巡りデビューをしても良いですね♪

 

 

ちなみにここ仁和寺は1,000年以上前に「宇多天皇」により出家後に創建され、以後江戸時代まで皇族が住職を務めた由緒ある場所なのです。

 

ある意味天皇家の別荘といったところでしょうか?(笑)なのでたくさんの美しい造形物が安置されているのも印象的な場所ですよ♪

仁和寺の御朱印/もらい方

 

では次に、この場所での御朱印のもらい方についてご紹介していきます。

 

まず御朱印をもらえる場所は下記マップ5(金堂前の納経所)&1御殿前の門のどちらでも拝受することが可能です。

■マップ

仁和寺 御朱印 マップ

出典:仁和寺

ただ基本的には、御朱印は参拝した証として拝受できるものなので、門で御朱印だけいただいたら次へ移動!なんていうのはちょっとマナーに欠けてしまいます・・・。

 

なので、正しく寺院内を参拝した上で御朱印をいただくようにマナーを守って参拝しましょう、

 

この点に関しては、以下の記事にて詳しくまとめているので合わせて参考にご覧ください。

御朱印バイブル-御朱印集めのサポートブログ

仁和寺の御朱印/拝観料

 

そしてこちらを参拝するにあたっての、拝観料などの必要情報もご紹介していきます。

 

■仁和寺入場料

  • 料金=基本無料

■拝観料1(上記MAP左下)

  • 高校以上=500円
  • 小・中学=300円

■拝観料2(春&秋等期間限定/上記MAP右下)

  • 大学以上=500円
  • 中・高生=300円

■拝観料3(1&2セット券)

  • 大学以上=800円
  • 高校生 =700円
  • 中学生 =500円

※桜の時期は特別料金

仁和寺の御朱印/時間

 

お次は、拝観時間です。

 

■拝観時間

  • 時間1=3月〜11月=9:00〜17:00
  • 時間2=12月〜2月=9:00〜16:30
  • (各所受付は閉門30分前まで)

■所要時間

  • 所要時間=小一時間程度

 

ここは一部の観覧エリアを除けば、基本的に無料で行く事ができる場所でもあります。

 

そして後述していますが、ここは単独で行くというより他の観光地も絡めて行くとより立ち寄りやすい場所でもあります。

 

なので日が暮れると行けないのは京都の観光スポットはどこでもそうですが、ここも日が出ているうちに早めに行くことを心がけましょう♪

仁和寺の御朱印/行き方(電車&バス)

 

では最後に、近隣の各主要都市からの行き方や所要時間についてご紹介します。

 

■住所

「京都府京都市右京区御室大内33」

■アクセス(電車&バス)

  • 京都駅〜=片道約30分+200円
  • 大阪駅〜=片道約1時間10分+630円
  • 神戸駅〜=片道約2時間+1,190円
  • 名古屋駅〜=片道約1時間20分+5,800円

仁和寺の御朱印/行き方(車)

 

■アクセス(車)

  • 京都駅〜=片道約30分+約10km
  • 大阪駅〜=片道約1時間10分+約60km
  • 神戸駅〜=片道約1時間30分+約80km
  • 名古屋駅〜=片道約2時間10分+約140km

仁和寺の御朱印/駐車場

 

■駐車場(仁和寺駐車場)

  • 料金=500円/回
  • 台数=約100台

 

京都駅から仁和寺は多少距離がありますが、金閣寺から仁和寺が近い上に周辺には龍安寺があります。

 

詳しくは以下の記事にてご紹介していますので、周辺観光の参考にしてください。

龍安寺の御朱印攻略!拝受時間や場所などがスグわかるまとめ

仁和寺の御朱印まとめ

 

以上が京都仁和寺の御朱印攻略!仁和寺の御朱印情報まとめのご紹介でした。

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪

京都龍安寺の御朱印攻略!拝受時間や場所がわかるまとめ

龍安寺 御朱印

 

今回は龍安寺の御朱印や拝受時間、場所を中心にご紹介していきます。

 

「龍安寺の御朱印情報を知りたい!」「行ける時間やアクセスを教えて」そんなあなたの為に、龍安寺の御朱印情報情報をまとめました♪

 

龍安寺の御朱印・御朱印帳

 

ではまずはじめに、御朱印ガール&男子必見の御朱印・御朱印帳についてご紹介します。

 

■御朱印

  • 料金=初穂料300円
  • 御朱印帳=1,200円
  • 御朱印文字=石庭

■御朱印

龍安寺 御朱印1

■御朱印帳

龍安寺 御朱印帳

出典:ちびっこライダーkeiの立ちゴケ日記

■時間

  • 時間1=3/1〜11/30=8:00〜17:00
  • 時間2=12/1〜2/末=8:30〜16:30
  • (都合により早期閉門あり)

■拝観料

  • 高校以上=500円
  • 小・中学=300円

■所要時間

  • 所要時間=小一時間

■マップ

龍安寺 御朱印 マップ

出典:そうだ、京都行こう

さすがに世界に誇る「ZEN」の聖地だけあり、荘厳な雰囲気の御朱印帳を拝受できます。

 

さらに、シンプルな「石庭」の文字が御朱印帳に刻まれるのも、とても誇らしい気持ちがしますね♪

もらい方

 

なお、御朱印のもらい方に関してですが、まず龍安寺は石庭に到るまでにある程度歩きます。

 

美しい池を眺めながら時期によって桜や紅葉を楽しみながら奥の方へ歩いて行くと、本堂の石庭がある手前に「庫裏」があります。

 

そこで納経所にご朱印帳を預けてから、石庭を眺めた後に拝受するという流れになります。(なお御朱印は16時頃には終わってしまうので、少し早めに行くことを心がけましょう)

 

 

僕が行った時には、本堂の中でも書道が飾られていたりと、石庭以外にも見所があったのが印象的でした(今もなのかな?)

 

そして、石庭自体は神様仏様ではないのですが、神仏の世界のように心を洗った上で御朱印をいただくというのが、ここでのマナーと言えますね♪

 

※また御朱印を集めるにあたって必要なマナー情報を、以下の記事にてまとめているので合わせて参考にご覧ください。

御朱印バイブル-御朱印集めのサポートブログ

行き方(電車&バス)

 

では最後に補足情報として、関西&中部の各主要都市から距離などの行き方や、所要時間についてご紹介します。

 

■住所

「京都府京都市右京区龍安寺御陵ノ下町13」

■アクセス(電車&バス)

  • 大阪駅〜=片道約1時間20分+790円
  • 神戸駅〜=片道約1時間45分+1,310円
  • 京都駅〜=片道約40分+230円
  • 名古屋駅〜=片道約1時間20分+5,800円

行き方(車)

 

■アクセス(車)

  • 大阪駅〜=片道約1時間15分+約60km
  • 神戸駅〜=片道約1時間30分+約80km
  • 京都駅〜=片道約30分+約10km
  • 名古屋駅〜=片道約2時間10分+約140km

駐車場

 

■駐車場

  • 時間=拝観時間と同じ
  • 料金=1時間無料(石庭拝観者限定)
  • (1時間以降は500円/1時間)
  • 台数=約80台
  • 住所=京都府京都市 右京区龍安寺御陵ノ下町

 

ここは京都駅から比較的離れた北側の場所にありますが、龍安寺周辺にも観光スポットが満載で東へ徒歩20分程度の時間で「金閣寺」「仁和寺」など有名な寺院が軒を連ねています。

 

京都駅周辺より混雑の多少減るこの近隣をまとめて拝観するのもアリですよ♪

 

詳しくは以下のリンクにて各々ご紹介しているので、合わせて参考にご覧下さい。
仁和寺の御朱印攻略!拝受時間や場所がスグわかるまとめ

まとめ

 

以上が京都龍安寺の御朱印攻略!拝受時間や場所がわかるまとめのご紹介でした。日本の誇る美しい庭園の感動を少しでも分かち合えていたら幸いです。

 

強烈な影響力のある男が、あなたの成幸をお祈りしています♪